我が家のリフォームをするためには、
    1.我が家を建てた建設会社・工務店の保証制度内であるかを確かめます。
        (保障対象期間内でリフォームを行うと保証が受けられなくなりますので、注意してください。)
    2.間取りの大幅変更するときは、引き渡し時の図面を用意してください。柱の位置によっては、計画の変更が出ます。
    3.基本的には、我が家を立てた建設会社に依頼するのですが、その会社が遠くて打ち合わせにこないときは、地元で信頼が       おける会社(自分自身で直接確かめた会社)に依頼します。
    4.職人が1人で行えるリフォーム(クロスの貼替のみ・外壁塗装のみ等)は、直接職人に頼む方が安く・丁寧にできます。
    5.多くの業種を必要とするリフォーム(浴室の例-電気-水道-大工−ユニット屋)は職人をコーディネイトできる人に依頼します 

間取りの変更から障子の貼替まで様々です。

高齢化社会では、家の中・外での転倒防止を少なくするため、手すりの取付、段差の解消、滑り防止等の床材取替、引き戸等に扉から取替、便器の洋式化等が必要になりました。介護士さん・福祉住環境コーディネーターと相談し、本人が使い易い環境にしていきます
  八千代市では 自立支援住宅改修補助(20万円限度) 
           住宅設備改修費補助(要支援・要介護者対象)があります。

2.内装リフォーム

5.シックハウス対策

4.防犯対策

台所の改修
トイレの改修
浴室の改修

1.外装リフォーム

外壁塗装・屋根塗装が一般的になります。 
  雨漏りがある場合は、原因究明のできる人(通常は、建設会社・工務店にいます)に依頼し、直しておかないと木材の   腐れ、シロアリの発生、金具の錆による耐震強度低下などを引き起こします。
  また、足場等を掛けますので、雨樋等補修が必要な個所を同時に直しておいてください。

八千代市でも昨年(2017年)69件の住居侵入が派生しております。、鍵の二重化、防犯灯の設置等対応いたします。

近年、建物の気密性が上がり、またアレルギー体質の方々が多くなっているので、シックハウス対策が必要となってきました。漆喰等、有害な接着剤・防腐剤を含まない素材を使い、対応いたします。

なんでもご相談下さい

多額のお金が掛かりますので、業者選びは慎重にしてください。

その中でも一番多いのは、水回りの改修がです。多くの場合、水道屋・大工・電気屋・クロス屋・ガス屋等が必要になります。 

.3.福祉住環境整備