1.部屋の照明がつかない

電球型蛍光灯    グロー球

A器具が壊れている。
  ………引っ掛けシーリングの時は現在点灯している器具と取り替え
     てみる。点灯すれば器具を取り替える。点灯しないときB

3.インターフォンが鳴らない

5.電球・蛍光灯・照明器具の交換

これらは、高い所での作業になりますので、無理ならば業者に依頼してください。

なんでもご相談下さい

三連押し釦式スイッチ  三連コンセント

通話式インターフォン  テレビ式インターフォン

    大きく3つの原因が考えられます。
@電球・蛍光灯の球が切れている。
  ………現在点灯している電球・蛍光灯の球とグロー球に取り替えて、
      点灯すれば、新しい球を購入し取り替える。
      点灯しないときはAに

台所の換気扇は油が固まり回らなくなるのが、多いです。
現在は、コンロの油が燃え上がっても耐火性のある金属の物が主流です。取り換えも、カバーを外し、上部ねじを外せば取り換えができます。レンジフードの換気扇交換はは、業者に依頼します。
浴室の換気扇交換も業者に依頼しますが、乾燥付き・温風付きなどがありますので、ご検討ください。
トイレの換気扇は、プロペラファンとダクト扇が主流です
これも、交換は業者に依頼します。

電池式のインターフォン(チャイム)が鳴らない原因は、電池が寿命を過ぎている場合がほとんどです。電池を交換してください。電池式のインターフォン本体には、電池ボックスの蓋が付いています。電灯線式のインターフォンの交換は、工事士に依頼してください。
防犯対策を考えている方は、多くの場合、既存の配線を利用して、テレビ式のインターフォンに変更出来ますので、ご相談してください。
配線を行わなくても取付出来る無線インターフォンがあります(チャイム・通話式・テレビ式)。欠点は、屋外器の電池を1から2年で取り替えなければならないことです。

スイッチ・コンセントの交換は、電気工事士の資格者でなければ、工事できませんので、依頼します。その際、機能面やデザインを考えて、押し釦式のスイッチや三口コンセントに変えてのも良いと思います。

4.換気扇が回らない

2.スイッチ・コンセントが壊れた

電気のトラブル

Bスイッチ・配線の問題なので、業者に依頼する。

無線チャイム

引っ掛けシーリング

換気扇    ダクト扇  プロペラファン